関節炎の症状が 現れたら専門医に相談して改善することが大切です

肩に痛み?30歳後半で四十肩になる

肩に痛み?30歳後半で四十肩になる適度なエクササイズで肩の可動域を改善専門医のお陰で症状が軽減

キッチンの上の棚から物を取ろうとして腕を上げたとき、肩に激痛を感じたのが関節炎との付き合いの始まりでした。
痛いと声をあげ肩を押さえしばらくジッとしていたら、その時は痛みは引きましたがそれからが大変だったのです。
右腕をあげると肩に激痛が走るのですが、左肩は何ともないのです。
肩をあげると右肩だけが痛くてどうしようもありません。
湿布を貼ったりマッサージをしたりしながら様子をみましたが、主人には40肩だよと笑われる始末です。
まだ私は30歳後半で、40肩なんて考えもしませんでした。
しかし、症状を考えてみれば40肩かも知れません。
肩に痛みを感じてからは、体中の関節に痛みを感じるようになってきたのです。
朝起きると腰の辺りが痛かったり、階段の上り下りは膝に痛みを感じ、一気に登り切ることができないこともありました。
ドンドン痛みを感じ場所が増えてきてこのままでは、動くことも更に辛くなるのではと思いました。
主人に内緒で湿布薬や塗り薬を購入し、自己治療を始めることにしたのです。
湿布や塗り薬で痛みは改善できると思っていましたが、痛みを感じないでいられるのは湿布薬を貼った後の数時間だけだったり、塗り薬を塗った直後だけだったのです。

関節炎の改善関節が痛い